ゴルフ練習場

ゴルフ練習場について

現在はリーマンショック以降は昔ほどではありませんが、ビジネスマンの接待方法のひとつとして「ゴルフ」がありました。現代ではゴルフは必ずしも裕福な人の遊びではなく、レジャースポーツの一つであると世間で認識されるように変わりました。ゴルフクラブの選び方で学んでいる人も少なくありません。

楽しいゴルフライフをエンジョイするには、それなりに技術も向上しなければなりません。ゴルフが満足にできないうちに、コースに出ることは蛮勇でしかありません。そうした背景からゴルフ練習場が流行しているのです。ゴルフ練習場に毎日のように通うサラリーマンも珍しくはないそうです。

ゴルフコースは練習の場ではなく、晴れ舞台に上がっているようなものです。日頃のトレーニングの成果を皆さんに認めていただく場なのです。また、ゴルフのコースの使用料も高額であることもゴルフ練習場が流行る理由の一つでしょう。

通称「打ちっぱなし」と呼ばれるゴルフ練習場では、ゴルフボールをカゴ1杯もらってきて、それを一生懸命打つことになります。コースに立つ日を夢見て、練習を繰り返すわけです。どんなスポーツでもトレーニングを積まなくては上達しません。

ゴルフ競技の難しいところは、グループでコースを周るので、自分だけへたくそだと周囲の人に迷惑をかけてしまうことが挙げられます。ましてや、それがビジネスの接待ゴルフだとすればもっと気を使わなければなりません。

つまり、あるレベルまでゴルフの腕前が要求されるのです。ゴルフが嫌いな人の大部分は、ゴルフに対して悪い印象を持っているからでしょう。スポーツ競技としてのゴルフは面白いものです。止まっているボールを打つのですから簡単そうに思えますが、実際にやってみるとそうではありません。

体を動かすことは、健康面から見ても評価されるべきものです。しかし、ゴルフはメンタル的な面で特に厳しいスポーツだと言われています。やはり、ゴルフ練習場で腕を磨くしかないのではないでしょうか。

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  邀ウ豐「繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繧ケ繧ッ繝シ繝ォ  CG 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ソ繧、繝、  繧ォ繝シ繝翫ン 謖√■霎シ縺ソ  繧ソ繧、繝、 シ托シ薙う繝ウ繝  閾ェ蜍戊サ頑紛蛯吝」ォ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繧ッ繝ゥ繧ヲ繝ウ邏疲ュ」繝帙う繝シ繝ォ  繧ソ繧、繧ャ繝シ繧「繧、  豌エ縺セ繧上j繝ェ繝輔か繝シ繝 蜊闡  髻ウ讌ス 蟆る摩蟄ヲ譬。 遖丞イ。  繧ソ繧、繝、 螻・縺肴崛縺 縺イ縺溘■縺ェ縺句ク  蜷咲ーソ雋ゥ螢イ